『みえるものとみえざるものを繋ぐこと』
私は10代後半に病気を患い、その頃から身体と精神のバランスについて考えるようになったことをきっかけに、生命の形状や存在を探るための行為として制作活動を始めました。
模索する中で、日本人のルーツである神道に触れたことから、作品を制作することは、みえざるものに形を与える、祈りの行為であると考えるようになり、近年は絵画表現を中心に『みえるものとみえざるものを繋ぐこと』をテーマとする作品を制作しています。 
プロセスとしては、先ず日々の中に溶け込んでいる「みえざるもの」に触れるためのツールとして、実在する何気ないモノどうしを組み合わせ、「依り代」としての立体物を作ります。
次にそれらをなぞるように平面として描き起こし、架空のモチーフを交えたあらゆるイメージを合成、解体しながら絵画として構築します。
五感によって構成される「実在」と、思考や感情による「架空」を画面上で混在させることで、「みえるもの」と「みえざるもの」、それぞれの境界を多面的・多角的に探ろうと試みています。
日本においては、古くから多神教の文化があり、アニミズム信仰に始まり、どんなモノにも霊魂や精霊が宿ると信じられてきました。
時に神として、時に妖怪やお化けとして、みえざるものに形を与え、特別なものとして祀る人々の精神性は、確かなものと不確かなものを繋ぐための行為であり、芸術の役割もまたそうであると感じます。
私は自らの作品を通じて、時代とともに変化はしつつも、現在を生きる私達にも脈々と受け継がれている日本人としての精神性や祈りの形を考察し、問いかけたいと考えています。
"Connecting the visible and the invisible"
I was ill in my late teens. Since then, I began to think about the balance between the body and the mind and started producing as an act of exploring the form and existence of life.
Through exploring various things, I became interested in Shinto, the roots of Japanese people, and came to think that making a work from it was an act of prayer that gave shape to the invisible. It was in recent years, I have been creating works with the theme of "connecting the visible and the invisible" with a focus on pictorial expression.
As a process, as a tool for touching the "invisible things" that have been blended into our daily lives, we combine real-world objects to create a "YORISHIRO spirit-dwelling object” three-dimensional object.
Next, trace them, draw them up as a plane, and synthesize and disassemble any image with a fictitious motif to construct it as a painting.
By mixing "real" composed of the five senses and "fictitious" based on thoughts and feelings, we are exploring the boundary between "visible" and "invisible" in a multifaceted and multifaceted manner.
As typified by the animist belief, it has long been believed by people that the soul resides in anything.
Sometimes as a god, sometimes as a youkai or a ghost.
I feel that the spirituality of people who give shape to the invisible and enshrine it as something special is the act of connecting certain and uncertain, and so is the role of art.
Through my own work, I would like to consider and question the form of prayer that has been handed down while changing with the times.





Back to Top