『 境界のミチカケ』
『 KYOKAI NO MICHIKAKE 』

2020.10.3-10.25
2kw gallery (滋賀) (Shiga)


◾️以下リンクにて、360°ビューイングで展覧会の様子をご覧頂けます。
Photo by Ayumi Okamoto
個展「境界のミチカケ」に寄せて
 江上 ゆか氏(兵庫県立美術館学芸員)

鮫島ゆいの絵は、眼前の事物や風景をそのまま再現したものではなく、ある種、抽象と言えるだろう。とはいえ生々しい筆あとをたどれば葉っぱや顔のようなものも見え隠れして、画面の中の世界が見る人の側にも否応なくはみ出し関わってくる。同時にシャープなベタ面やグラデーションはあくまでも2次元であることを主張し、イメージがぺったりと脳裏に貼りつくかのような触覚的印象をも残す。
近作の継ぎはぎのような画面は、まずは木片や造花など卑近な事物を組み合わせて立体物をつくり、描くことから始まるという。さらに実在しないイメージをも組み合わせ、またばらすことによって、画面は構成されてゆく。

きっかけとなる立体物を鮫島は依り代と呼ぶ。つまり、そもそも彼女が出発点とするモノは、現に目の前にありつつ、見えないむこう側にも関わっている。具象と抽象、実体とイメージ、日常と非日常、この岸とむこう岸。それぞれに境界の満ち欠けは違えども、そのどちらでもあるような断片を継ぐことで、画面は不確かなままに安定する。西洋絵画の王道の、観者と対峙し圧倒するような強さとはまた異なる、奇妙な強度がそこには生じている。
展覧会批評
安井海洋氏(高松市やきものの里かわら美術館学芸員・美術批評) 

正三角形の変形パネルに描かれたイメージは、人型の像など具象的なモチーフが描かれたものと、色彩の帯と白の下塗りとからなる幾何学的な形態とに大きく分かれる。幾何学的な形態は画面の下方に視線を導くよう構成されており、輪郭に沿って視線を落としていくにつれて描かれた面が徐々に狭く引き絞られていく。そしてその運動と相反して三角形の支持体は上から下へ開放されていく。
イメージの構図と支持体の形状が二つの拮抗するエネルギーを表象するのである。 絵具はごく薄塗りで、層の重なる部分が少ない。レイヤーを重ねたイメージは一見するとコラージュを参照したかに思われるが、仔細に眺めればそこに絵具が前後に重なる関係性はなく、むしろ上下左右に展開されているといえよう。 
色彩の帯はマスキングテープを用いて直線に、また筆触を残さないよう描かれている。絵画から人為の痕跡を消す描法は、筆触を重視する絵画史に対抗するかのようだ。
また支持体の綿布はキャンバスよりも薄くて布目が細かく、そこに支持体があるという存在感を潜めている。緻密に計算された視線誘導といい、鮫島の作品はおよそ一切の偶然性を許容しない厳粛な態度に貫かれている。
Back to Top